店舗を出店するに当たってまず、最初に悩まされるのが物件選びです。 開業を急いでいたので、不動産屋さんにすすめられるままに物件を選んでしまったら失敗した。など、物件選びでまずつまづいてしまう方は意外に多い。

では、物件選びの際に注意したほうが良いことはなんでしょうか?

働きながら探そう

独立開業をするには、ある程度の勢いが必要ですし、しっかり一区切りをつけてからスタートしたいと思う方も多いと思います。

ただ、ここで焦ってしまっては、後々に大きな影響を与える事態になります。それが物件選びです。
物件は不動産と呼ばれるくらい、動くことが不可能な場所を指すことを忘れないで下さい。
少し、回りくどい言い方になりましたが、物件はまさにタイミングということです。特に人気物件は、空きが出てもすぐに契約されてしまいます。
そのタイミングを逃さず、なおかつ、それに巡り会うには、どうしても長期的に物件を探さなければなりません。
「会社を辞め、失業保険のもらえる間に開業準備を」とお考えになる方も多いと思いますが、物件はそんなに空きが出る物でもないので、すぐに行き詰まり、時間はあっという間に過ぎていき、結局多くの妥協をして契約せざるを得ない状態になります。

ですので、理想としては、働きながら、あまり期間を決めず、休日などに、出店開業エリアの不動産屋さんと仲良くなったり、または、実際に開業エリア の町を歩いて探したりして、物件が出てくるタイミングに合わせて行動を起こしていくほうが、納得出来る物件を借りれるわけです。

どんな場所を選ぶか?

場所は、開業する業種などによっても様々です。その中で駅前が良いのか、オフィスエリアが良いのか、住宅街が良いのか、業種とお客様のターゲットが合致するエリアを探して下さい。

人通りを観察する

場所に大きく関係しておりますが、さらに掘り下げたところで、人通りを気にしましょう。

例えば、人通りの主な理由は「①近くに自宅があるから」、「②近くに会社があるから」という2つの理由が考えられます。

仮にお弁当屋を開こうと思った場合、「①近くに自宅があるから」の場合ですと、肝心なお昼時には、その人通りの人達は会社にいるのでお昼を買いにくることはありません。
、「②近くに会社があるから」の場合ですと、会社の近くですからお昼にお弁当を買ってくれます。

しかし、夕食もお弁当で済ますという方の場合は、お弁当をわざわざ会社の近くで買って、電車に乗ることは考えにくいので、①のお弁当屋さんを選ぶことになります。

この場合は、①の場合は営業時間を遅くにずらせば、夕飯にお弁当を利用するお客さんをしっかり確保できますね。ただ、自宅というのが単身者向けの住居が多い所でないと難しい。などいろいろ条件は出てきますが。

1日の全体での人通りの量は同じでも、お客様の購入のタイミングが大きく変わってくるので、メニューや営業時間などは変わってくると思います。 また、業種そのものの向き・不向きがある場合もあります。
最近では、その時間帯の集客層のマッチングを考慮して、飲食店などの業種では、同じ場所で昼と夜 で2つのお店をする(例えば、昼:ラーメン・夜:居酒屋など)二毛作店なんていうものもあります。

そのお店、見えてますか?

ビルの2F以上のテナントを借りる時には、特に注意しましょう。

「道が狭い」「向かいのお店がド派手」 それだけで、人の視線が届きにくい物件になってしまう場合があります。 駅近で人通りがあるのにお店にお客さんがあまり来ないお店の典型的な事例です。

出店の際には、初めのスタートダッシュが肝心です。 特に知名度のない初出店の場合などは、まずは一度お店に来て頂かなければ次はありません。客観的に見るためにもまずは、

スタートをしっかりするという意味で、しっかりとお店の見え方も確認しましょう。 また、物件によっては、看板を出す場所にたくさんの制限がある場合うがありますので、ご注意ください。

良い場所が見つかった!? ちょっと待って!

良い物件が見つかったと喜んで、お店OPEN♪ あれ?お客さんが来ない?? 冷静になって、その通りを歩いてみると、同じ業種・客層の店舗が沢山ある!なんてことがあります。
皆、考えていることは近いので、わざわざ競合の多いエリアに出店してしまったなんてことにならないように、人の通りは、一度実際に歩いて眺めてみましょう。

差別化をしっかり図る思索があるという自信のある方でしたら、それをわかった上で出店されるのは良いと思います。

やっと、納得の出来る物件が決まった。契約ちょっと待って!

さぁ、早く契約だ! と、なりそうですが、まずは、仮申し込みをしてテナント物件を確保しましょう。 

契約してから、内装会社選びをすると、その時点で賃料が発生してくるので、気持ちが焦って、冷静に判断する余裕がなくなりやすくなりやすく思わぬミスを招きます。
また、設備不足で、内装費用が思いのほか掛ってしまうことがありますので、概算でも自分の予算内で、開業のための内装工事が出来そうかを確認できます。

お客様によっては、物件が決まったが、内装工事の会社が決まらず、数か月家賃を払っている方もたまにいらっしゃいます。

さぁ。お店を作るぞ!

はたして、こちらの物件をお店にすることは可能でしょうか?

ここから、私達、店舗内装会社の本領発揮です。 まず、その業種のお店を開業するkとが今の設備で可能か、物件の能力を調べます。 この時、主に調べるは、水道・電気などの設備面です。
電気の容量は、ビル事に決まっており、それより大きな電気が必要な場合は、高額な工事が必要になります。

その他にも業務用のエアコンがあるかないか(あっても古くないか)など、お店の基礎部分を作る最低限の工事にいくらかかるかをまず把握する必要があります。
ここで、やっと具体的に店舗の内装工事の見積が出てきます。   この見積りが出てくると具体的な開業にかかる費用も見えてくると思います。

また、店舗にとって重要な看板の位置や造作出来る部分に制限があることがあります。 大家さんによっては、かなり制限があり、 ほとんど看板の設置が出来ない場合もあります。
もしこの段階で貸主様との話し合いで、いろいろトラブルが発生する場合は、再検討することも必要です。 ちょっとした問題が起こる度に大きな問題と出費がかさむことがあります。 お店をやり続ける以上、貸主様との関係は続きますので、友好関係が築けるように
努力しましょう。