相見積りで、金額の一番安いところに依頼した。予定より費用が抑えられて良かった。なんて思ってませんか?

住宅専門でやっている工務店やリフォーム会社なら注意が必要です。 店舗工事において、もっとも重要なのは、内装工事ではなく見えにくい設備工事だからです。
設備工事は、業種によって特殊な機器を扱っていることも多く注意しなければならないことも多いですし、今後の店舗営業に対して大きな影響を与えます。

見えない設備

設備工事は、実際に使ってみないと最後まで、お客様にはわかりません。 完成して実際にお店を回していく時、初めて気が付きます。

CASE.01)OPEN初日から、ブレーカーが落ち過ぎて仕事にならない。

美容室で、起きるトラブルです。事務所仕様からの店舗を改装する場合、意外に盲点なのが、このドライヤーの電力不足。 ドライヤーを4つも同時に使うことを想定している事務所なんてありませんので、電力不足でブレーカーが落ちます。
この後、普通に電力量を増やせれば良いのですが、建物単位で、電力量が決まっている場合があります。 もし足りなかったら、かなり大きな工事になり、 当初の予定とかけ離れた、経営を圧迫しかねない失費になる場合もあります。

CASE.02)全く店舗内が涼しくならない。なぜか入口の扉がすごく重い。

こちらは、飲食店に起こりがちなトラブルです。 給排気を考えてないで施工してしまった結果です。 涼しくならないのは、厨房内の熱気がしっかり換気出来てないのが原因で、熱気がお店に廻ってきてしまっている場合です。単純に空気の流れがなければ、どん
なに強い換気扇を回しても、空気が入る所がないので、排気はできませんよね。 
また、入口が重い原因も、給排気の問題で、給気量が排気量に対して著しく低い場合、空気は出ていくが、入るところがないので、 空気が薄くなり(真空状態にするのといっしょ)入口を開けようとしても気圧の関係でドアが開きにくい状態になってしまいます。また、空けるとすごい勢いで風が入ってきたりします。ドアの故障の原因にもなります。

給排気は、住宅などでは特に大きな意識をしなくても良いですが、飲食店となると、厨房の熱量(カロリー)は相当なものなので、気をつけなければなりません。

その他にも温度調整が上手くいかない原因としては、エアコンの力不足も考えられます。 事務所の時はルームエアコンで十分でも、飲食店の場合は、全然冷えない・暖まらない。ことは良くあります。でも業務用エアコンの設置工事は正直高いです。

また、設備は、業種によって様々な満たさなければならない条件があります。 それは、保健所等で決められている場合もあります。 申請は仕上りの少し前くらいになるので、その時に設備が足りてないと気が付くと、お店のオープンを遅らせなければならなくなる場合があります。

このように、金額に反映されない経験や知識が必要な店舗工事。特に設備変更は、外側から見えない部分が多いので、いざ変更しようにも施工費用がかな りかかる場合があります。
また、お店の閉店後に工事を依頼すると夜間作業になるので工賃が若干割増しますので、設備に関しては、はじめの段階でしっかり揃えておきましょう。

設備をチェックしよう

あらかじめ設備をチェックしておくと、だいたい条件が満たされていそうかの目安になります。

電気のチェック 必要な電力がしっかり確保されているかチェックします。

店舗の場合は、だいたい「電力」と「動力」があります。 簡単に説明すると、「電力」というのは、一般の家庭用電気と同じです。 「動力」というのは、大型のエアコンなどを動かす電気のことです。
動力と電力では、電気の仕組みが違います。動力は専用の機械しか動かせません。全く別の物と考えて下さい。

動力の方が基本料が高いが、電気料は安いので、電気の使う量に応じて分けられています。

水道菅のチェック 水道管によって、使える水の量と水圧が変わってきます。 借りるテナントの階数や業種によって、水道管を太くしないと、水が出にくくなります。

例えば、美容室で上階ですと、シャンプーのシャワーの出が悪いというのは、水道管が細すぎて、シャワーのための水圧が足りていないのが原因の場合があります。

ガスのチェック 飲食店などのガスをたくさん使う業種の方はチェックが必要です。 ガスレンジの火力がしっかり上がらない等のトラブルが生じる可能性があります。

ダクトのチェック 飲食店では、厨房の必須となるダクト。排熱・排煙・排気をして、店舗を快適な空間します。 壁に穴をあけて外に排気するので、穴をあけることが可能か。また、どこに排気させられるかを予めチェックしましょう。
物件によっては、飲食店などニオイの出る業種ですと屋上までダクトを上げなければならない場合があったり、RC造の場合、大家さんの意向で壁に穴をあけることが出来ない場合もあります。
予め、テナントの条件も確認しておきましょう。

設備は、店舗工事の中でも、予算を抑え、快適にお店を運営するためには、もっとも重要な部分です。 気にいった物件がありましたら、是非チェックしてみて下さい。