エアコンは誰の物?

店舗テナントを借りる上で必ず必要な物の一つにエアコンがあります。店舗テナントの規模にもよりますが、店舗工事の時に新規で付けると馬力にもよりますが1台20万円以上はします。大抵の場合、店舗テナントにはエアコンが元々付いていますが、このエアコンが誰の物なのかが重要になってきます。
物件を借りる時にエアコンを代表とするその物件に備わっている器機についての扱いは大きく「設備」「残置物」2つに分けられます。

設備とは

物件を借りる時にいう設備とはもともと備え付けられている物のことで、これは建物の大家さんの物になります。設備の場合は、大家さんの持ち物になるので、故障などが起こった場合の修理や壊れてしまった時の交換などは全て大家さんが面倒を見てくれます。

残置物とは

前に借りた人が残して行ったものことを残地物と言います。基本的には、扱いは借主にお任せしますよ。というスタンスの物ですね。大家さんは関与しないので、メンテナンスや交換・破棄などは店舗テナントを借りる方にお任せします。ということです。

設備と残置は明確にする

設備の場合は、大家さん負担でこのエアコンを交換したりするので、エアコンのメンテナンス費用や壊れてしまった時の費用を心配する必要はありません。設備が借主に与えるメリットは大きいです。
逆に残置物の場合は、極端な話ですが、借りた翌日に壊れても、自分で費用を掛けて修理ないし交換をしなければなりません。比較的新しい物件の場合は、エアコンなどが壊れたり修理する機会があまりないので、設備とする場合があります。
逆にある程度古い物件や古いエアコンの場合は残置物扱いになることが多いです。もちろん残置物の場合は、もし仮に退去する時に自費で交換したばかりエアコンなので勿体ないので外して持っていくということも可能です。ただその場合はトラブルを避けるために予め大家さんや管理会社にはその旨を伝えておいた方が良いです。 設備あかどうかの有無に関しては、大家さんの考え方に関わる部分も大きいので、是非店舗テナントを借りる前に一度不動産屋さんに確認してみることをお勧めします。